Admin   Newentry   Upload   Allarchives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

障がい児童の学校教育 

「障害を特別扱いしないで。脳性マヒの息子を普通学級に通わせたい」 両親の訴えが実現、介助看護師を小中学校に派遣…成田市

コピペブログを巡回してたらこのニュースが気になった。
まぁタイトルの通りのニュースです。
以前からこの手のニュースはよく見かけてたんですが、「またこれか」くらいで流してました。

こういうニュースが出てくると決まって、
「親のエゴだろ」
「いじめの原因になるだろ」
「子供は本当にそれでいいのか」
「税金の無駄」
↑みたいな反対意見が大半を占めるんですよね。

税金の無駄ってのはまぁ実際どの程度かかるのかわからないんでどうともいえませんが、親のエゴだとかそういう意見は正直どうかと思うんですよね。

というのも、僕の通っていた小学校にもやはり障がいを持った同級生はいました。
詳しい症状名なんかはわかりませんが、計3名の障がい児童です。
そのうち1名は障がい児学級の「かやのみ学級」というクラスに在籍し、他の2名は普通学級に在籍していました。
かやのみ学級は僕たちが小学校に入学した年に作られた学級のようで、ひとつの学年に3名の障がい児童というのはやはり多かったのかもしれません。
元々周りの子供たちも彼らが知的障がいを持っているということは知っていたのですが、1年生、2年生くらいのころはその子たちも周りの子とあまり変わらないように見えていたので特に問題はありませんでした。
ですが、やはり3年生くらいになってくると勉強の遅れだったり、挙動の不審さ、後は周りの子たちに自我が芽生え始めたということもあり、彼らの存在は目立つものになってきました。
そうなってくるとどうしてもイジメのようなモノは出てきます。

※ここでいまさらですが、彼らを区別するためにA君、B君、C君としましょう。
 A君はかやのみ学級に在籍していた子で、B君とC君が普通学級に在籍していた子です。

イジメの標的となったのは主にB君でした。
というのも、A君はそもそも普通学級の子たちとあまり関わる機会がなかったため、たまにすれ違うと
「うわ、Aだ。」とかそんな反応をする感じでした。これもよっぽど問題ですが、いじめというよりは別の生物でも見るかのような反応です。

しかしB君C君の場合は、毎日同じクラスで何時間も生活を送るため、その中でイジメというものも生まれてきます。
ですが、C君の場合は見た目が非常に愛らしいというB君との違いがありました。
C君は丸々と太っており、顔も整っていたため、ある意味マスコットのような存在で他の子供たちからは可愛い存在となっていました。
B君はその分・・・というのもおかしいですが、イジメの標的が1点に集中していたために辛い学生生活になってしまったかもしれません。

中学校にあがり、A君は変わらず障がい児学級に。B君とC君は普通学級のまま上がりました。

僕はB君と同じ部活だったということもありB君とかかわる機会は比較的多かったのですが、
周りの子供たちの成長から少なくなったとはいえ、やはりイジメは存在していました。

ですが、僕がここで言いたいのはイジメの有無じゃありません。
イジメなんて絶対に生まれるものなんです。
そこに障がい児童がいようがいまいが、誰かが確実に標的になるんです。

僕たちの学年はB君とC君とともに9年間という長い時間を生活しました。
その9年間、B君はつらい思い出が多かったかもしれませんが、大人になった今だからこそこれだけは思うんです。

B君とC君は同級生だった、と。

時間の経過とともに、周りの子供たちの心が成長してB君やC君を受け入れることができるようになってきます。

B君は今現在も地元にいます。
「この前B君とジムに入会したんだけどさー」
みたいな話を聞きました。
先日の同窓会にも出席しており、楽しく過ごしていました。

C君はたまにバスで見かけます。
いつも同じ場所から乗ってくるので、その近所に勤めているのでしょう。
一度見かけたときに「俺のこと覚えてる?」と話しかけたら、うなずいてくれて嬉しかったのを覚えています。

A君は正直わかりません。
周りの同級生からも情報が入ってきません。
ひどい話かもしれませんが、そもそも一緒に過ごした思い出のまったく無い彼を「同級生」として認識できるかというと怪しい気もします。


周りの人間の心の成長に伴って、普通の地元の同級生として関わるようになったB君
障がいを持っていてもイジメの対象にすらならず、ずっと愛され続けていたC君
まるで別の生き物をみるかのような目で見られ、卒業してからは誰一人として関わりを持たなくなったA君

誰が一番幸せだったのかは、本人たちしかわかりません。


もちろんこれは僕の周りの話であってただの一例です。
「こういう現実の例があるのだから普通学級に通わせるべきだ!」等と言う気もまったくありません。

ですが、ニュースの文章を読んだだけで「親のエゴだ」等という意見が出てくるのは違う気がする。
確かに普通学級に通えばB君のように辛い思いをするかもしれませんが、
安全だからと言ってA君のように障がい児学級にある種「隔離」してしまうのは、必ずしも良い結果を生むことにはならないということを、僕は言いたかったのです。

Category: 雑談

Thread: 気になるニュース - Janre: ニュース

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://advanavda.blog14.fc2.com/tb.php/40-32e60211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。